天然保湿因子

[ てんねんほしついんし ]

天然保湿因子とは、皮膚にもともと備わっている保湿成分の総称です。「Natural Moisturizing Factor」の頭文字を取って、NMFとも呼ばれています。その約半分はアミノ酸でできています。
天然保湿因子は、角質層の中で水分を含んで保持する役割があり、肌のうるおいの素になる大切な成分です。角層に含まれるNMFの量が減少すると、角層保湿機能が低下し、水分量が減少します。

     

ことば辞典に戻る

TOP