シワ・小ジワ でお悩みのあなたシワ・小ジワ でお悩みのあなた

監修:宮田 成章 先生
みやた形成外科・皮ふクリニック 院長
/ 形成外科専門医

シワ・小ジワの原因

シワの原因はさまざまで、加齢による弾力の低下、乾燥、紫外線によるダメージ、女性ホルモンの低下などが挙げられます。

シワ・小ジワは、大きく3つの種類に分けられます。

1.乾燥によるシワ

乾燥による肌表面のカサつきからできる、ちりめん状や線状のシワです。
通常は、表皮のターンオーバーで改善されますが、乾燥が続くと、細かいシワができてしまいます。

2.紫外線によるシワ

紫外線による肌ダメージでできるシワです。
紫外線(UVA)は、肌の深部にある真皮にまで到達し、肌のハリを支えるコラーゲンが減少し、エラスチンが劣化することにより、大きなシワになります。

3.表情によるシワ

笑った時の目尻のシワのように、表情の変化によってできるシワです。
ハリのある肌は、表情の変化によって生じる線が、弾力によってすぐに消えますが、加齢や紫外線ダメージで弾力を失った肌は、柔軟性が低く、線が消えずにくっきりと刻まれて、シワになってしまいます。

シワには、「紫外線対策」と「保湿」がとても大切です。
また、ターンオーバーが乱れると肌のバリア機能が低下し、シワの原因にもなるため、ストレスをため込まないこと、栄養不足や睡眠不足などの生活習慣の見直しも大切ですよ!

ことば辞典でもっと知る 真皮 ターンオーバー バリア機能

主な治療法一覧

痛みやダウンタイム、治療頻度は、お肌の状態により個人差があります。診察の際に、担当医に確認されることをお勧めします。本WEBサイトでの表現は、あくまで一般的な目安です。また、状態が良くなっても、定期的に受診してメンテナンスをすることで、良い状態を継続することができます。

医療機関専売化粧品

費用 痛み
ダウンタイム 使用頻度毎日のスキンケアに

医療機関のみで販売している医療機関専売化粧品は、市販の化粧品に比べ、肌への有効成分が高濃度なため、より早く肌の変化を実感することができます。医師の診察のもと、肌の状態に合った化粧品を選ぶことができます。
配合される成分として、ヒアルロン酸、フラーレン、レチノール、アミノ酸、コエンザイムQ10などが挙げられます。 

ヒアルロン酸は、保水力の高い成分です。肌の深部にある真皮に多く含まれていて、細胞と細胞の間のクッション的な役割を果たします。

フラーレンは、強力な抗酸化力をもつ成分で、ビタミンCの172倍といわれています。
肌トラブルの原因になる活性酸素を吸収し、無害化する作用があります。

レチノール(ビタミンAの一種)は、肌のヒアルロン酸や水分量を増やし、肌を柔軟にします。

アミノ酸は、タンパク質の構成成分で、肌にもともと持っている「天然保湿因子」の主要成分です。角質層の水分保持に重要な役割を担っています。

コエンザイムQ10は、体の中にある補酵素のひとつで、強い抗酸化作用があり、肌に必要不可欠な成分です。

これらの成分を配合した医療機関専売化粧品をスキンケアに取り入れることで、肌にハリを与え、若々しい肌を持続することができます。
ただし、成分の特性上、肌の状態によっては、赤みが生じることがあります。心配な方は、医師にご相談ください。

ジェイメックで取り扱っている医療機関専売化粧品は、こちら

ことば辞典でもっと知る 天然保湿因子

塗り薬

費用 痛み
ダウンタイム 治療頻度毎日
最低でも1ヶ月間

肌の深部にある真皮内のコラーゲンなどが減ることで、肌の弾力が失われて、シワができやすくなります。また、表皮が乾燥していると、小ジワが多くなります。
肌のターンオーバーを早めるトレチノイン(ビタミンA誘導体)は、古い角質層を除去するとともに、コラーゲン生成を促進させる働きがあります。
トレチノイン:かゆみ、赤み、熱感、皮むけが起こることがあります。

ことば辞典でもっと知る 真皮 ターンオーバー

光治療(IPL)

費用 痛み
ダウンタイム 治療頻度3~4週間に1回

光治療とは、IPL(Intense Pulsed Light)と呼ばれる、マイルドな光を使用した治療です。

光治療のメカニズム

IPL(光)を照射すると、光の熱作用によって、皮膚のターンオーバーがスムーズになります。また、肌の深部にある真皮内が加熱されることにより、コラーゲンの元である繊維芽細胞を刺激し、コラーゲン生成を促進します。光はメラニンにも選択的に吸収されるため、シミの治療にも用いられます。

治療時間は15~20分ほどで、肌へのダメージも少ないので、治療直後からメイクができ、美容医療が初めての方にも、気軽に受けていただけます。
ただし、治療後の肌は敏感なため、日焼け止めを塗るなど紫外線対策をきちんとし、洗顔やスキンケアの際も優しく、こすらないよう注意してください。また、しっかりと保湿しましょう。

Q1:痛みはありますか?
A1:部位によっては、輪ゴムで軽くはじかれる程度の軽い痛みや熱感を感じることがあります。※痛みの感じ方には、個人差があります。
Q2:敏感肌でも、治療を受けることができますか?
A2:基本的にはどのような肌質の方でも受けられますが、治療の前後数ヶ月の間に強い日焼けをする方は、治療を受けられない場合があります。
Q3:何回くらいの治療が必要ですか?
A3:3~4週間に1回、計4~6回受けていただくと良いといわれています。
※症状や部位によって、個人差があります。

ことば辞典でもっと知る IPL 真皮 ターンオーバー

高周波(RF)

費用 痛み
ダウンタイム 治療頻度RF治療器により異なります

高周波(RF)とは、ラジオ波とも呼ばれ、医療分野で幅広く活用されています。

この高周波(RF)を使用し、コラーゲンの元である繊維芽細胞の働きを活性化させることにより、コラーゲンの生成を促進させて、肌に弾力やハリを与える治療です。

高周波治療のメカニズム

強い高周波(RF)を照射すると、体内で熱が生じ、真皮などに熱ダメージを与え、肌内部のコラーゲンが縮むことで即時的な引き締めを実感します。さらに、熱で縮んだコラーゲンを治そうと新しいコラーゲンが生成されることで、長期的にも肌に弾力やハリが生まれます。

ダウンタイムもほとんどないため、治療直後からメイクができます。

Q1:痛みはありますか?
A1:治療部位によっては、熱感や痛みを感じることがありますが、痛みに不安のある方は、
事前に医師に相談することをおすすめします。
※痛みの感じ方には、個人差があります。
Q2:引き締めはどのくらい続きますか?
A2:手術と違い、自己治癒力を活かした穏やかな治療です。
数ヶ月にわたってコラーゲンの生成が続き、約6ヶ月引き締め効果が持続します。
※持続期間には、個人差があります。
Q3:何回くらいの治療が必要ですか?
A3:1回で肌のハリを実感できますが、定期的に治療を受けるとより良いといわれています。
2回目以降の治療は、RF治療器によって異なりますので、医師にご相談ください。
※引き締めのあらわれ方には、個人差があります。

ことば辞典でもっと知る RF 高周波 真皮 ターンオーバー

HIFU

費用 痛み
ダウンタイム 治療頻度6ヶ月~1年1回

HIFU(ハイフ)とは、高密度焦点式超音波のことをいい、超音波を点状に照射し、狙った深さに熱ダメージを与え、メスを使わずに皮膚を引き上げる治療です。
一番深いところだと、今まで手術でしか引き上げられなかったSMAS(スマス)筋膜※にまで熱を与えることができます。
※脂肪層と筋肉の間にある筋膜。フェイスリフトの手術で剥がす部分。

ことば辞典でもっと知る HIFU SMAS筋膜 高密度焦点式超音波 ハイフ

フラクショナルレーザー

費用 痛み
ダウンタイム 治療頻度1ヶ月に1回

フラクショナルレーザーとは、細かいレーザー光線を多数の点状で照射するレーザーです。点状に熱を与えることで、周囲から速やかに傷が修復されるとともに、肌のコラーゲン生成を促進させます。明るく、ハリのある肌へと変化していきます。

ことば辞典でもっと知る 創傷治癒反応 レーザー

注入療法

費用 痛み
ダウンタイム 治療頻度3~6ヶ月に1回

注入療法とは、注射器を使って、シワの凹んでいる部分や筋肉に直接注入剤を注入する治療です。また、専用の機器を使用して、肌の浅い部分(表皮)に注入剤を注入する方法もあります。

注入剤は、弾力やハリのもととなるコラーゲンやヒアルロン酸、過剰な筋肉の働きを弱めるボツリヌス菌などがあります。

無表情でも見えるシワには、シワの溝に沿って、コラーゲンやヒアルロン酸を注入します。
表情を変えることでできるシワには、筋肉内にボツリヌス菌を注入します。

自分のシワがどのタイプのものか、診察してもらうことをおすすめします。
注入剤の種類はさまざまで、医療機関により異なります。
治療時間は約10~20分程度と短く、個人差はありますが、ダウンタイムも少ないため、当日からメイクができます。
麻酔の必要はありませんが、痛みに弱い方は、医師にご相談ください。

ことば辞典でもっと知る ダウンタイム

あなたのお悩みはどれ?

  • シミ・美白
  • ほくろ・いぼ
  • シワ・小ジワ
  • たるみ
  • キメ・ハリ・肌質改善
  • 毛穴
  • ニキビ・ニキビ痕
  • 赤ら顔
  • 脱毛
TOP